banner

グローバルな視野を

グローバルを視野に入れて起業する


起業してグローバルに進出することは容易になってきたと言えるでしょう。海外へ進出するというとなかなか難しいものだと考える人もいるようですが、ここ最近になってきて海外で起業する人も増えてきています。
そのメリットはどのようなところにあるのかというと、まず市場が大きいことが挙げられます。日本はすでに成熟した市場だと言えるでしょう。ここに新規参入するのは難しいですし、今までにない核心的なサービスや商品を開発するのも難しいことだと言えるでしょう。
海外と言っても色々な国がありますし、需要の旺盛な国もあります。特に発展途上国であればまだまだ売れるものはたくさんあります。行き届いていないサービスもたくさんありますから、新たなマーケットという意味では、規模を拡大しやすいというメリットがあります。
近くの国を見れば日本と仲の悪い国もありますが、親日的な国もたくさんあります。このような国であればビジネスを展開しやすいでしょう。国を選ぶ事は必要となってきますが、ビジネス展開をするためには日本よりも容易な場合も多いのです。
グローバル市場で勝負をするには色々な苦労もあります。言語の壁は最初にぶち当たるものでしょう。それ以外にも、例えば商習慣の違いもあります。日本で行っている取引とは異なる場合も多いですから、事前にこの事を把握しておくことは必要となっていると言えるでしょう。
最近では海外で起業するためのノウハウを提供してくれるサービスもあります。海外で起業するためには様々なノウハウが必要となり、例えば法人設立をするだけでも手続きは日本と異なります。その国ごとに得意としているコンサルティング会社がありますから、このような会社のサービスを利用すればハードルを低くすることはできます。
グローバルと言っても、例えば東南アジアくらいならそれほど離れているわけでもありませんから、ビジネスを展開するためのもの地域として視野に入れておくべきでしょう。

Copyright(c) 2014 在庫を持たずに起業するノウハウ All Rights Reserved.