banner

電話回線

起業するための電話回線について


起業するためには連絡先として電話回線は必要となってくるでしょう。登記をする時点では特に固定電話が必要になるというわけではありません。登記をするときに回線を確保しておくことは特に必要ないのですが、実務的に考えた場合にはなければならないと考えておくのが良いです。
きちんとしたオフィスを持とうと思ったときには、最低でも2回線は必要です。できれば3回線くらいは持っておくべきだと考えられます。音声通話をするための電話とFAX回線があれば良いです。1回線だけで音声通話とFAXの両方を使うこともできますが、FAXの受信をしているときには音声通話ができないと言うことにもなりかねません。そうならないようにするためには、最低でも2回線は必要だと考えておくべきでしょう。音声通話も1回線だけでは不十分な場合もありますから、2回線用意しておくと良いです。
最近では携帯電話だけで連絡をするという人も多く、起業するときに固定電話を持たない人もいるようです。コスト面を考えれば固定電話がないほうが良いのですが、やはり起業をするときには会社の電話番号を取得しておくほうが良いです。その理由の一つが信用度です。携帯電話だけで営業をしている会社は信用されないことが多いですから、取引を行うときにネックとなる事もあります。
起業するときのコストを抑えたいというのであれば、例えばインターネット回線に付属している電話回線を利用するのも良いです。電話回線を確保するためには電話加入権を購入しなければならないと考えている人もいるようですが、インターネット回線を使った電話なら加入権は必要ありませんから、かなり安く抑えることができます。ただ、インターネット回線を使った電話の場合には、FAXが対応していないこともありますから、この点については注意しておく必要があるでしょう。インターネットFAXを活用するなどの方法でトラブルの回避をすることはできます。

Copyright(c) 2014 在庫を持たずに起業するノウハウ All Rights Reserved.