banner

最近の投稿

有限会社の廃止

有限会社での起業が廃止


有限会社という形態で起業することはすでにできなくなっています。会社法が改正されて2006年に施行されることになったのですが、この改正によって新たに設立することはできなくなりました。過去には起業というと有限会社から始めて、規模が大きくなってから株式会社に移行すると言うことが良く行われていたのですが、会社法の改正によって最初から株式会社を設立する事が必要になりました。
有限会社の特徴というと、規模の小さいものだと考えれば良いでしょう。株式会社の場合には株式を譲渡することによって継続して存在することを想定しているのですが、このような事を想定していないという点で株式会社とは異なっています。イ
メージで言えば家族経営の会社に適した形態だと言えるでしょう。どちらかというと社員の個性が強く、また経営者も個性が強いという傾向はあるでしょう。株主がいませんから、経営者や社員が比較的自由に営業をしていく事ができるという特徴があります。
社員の数は50人以下に制限されているという特徴もあります。小規模な企業であればこれでも十分だと思いますが、少し規模が大きくなれば50人くらいはすぐに超えてしまうでしょうから、規模拡大を考えるのには適していないと考えられるのです。
このようにして新たに設立することはできなくなりましたから、有限会社で起業することはできなくなりました。その代わりに株式会社を設立するためのハードルが低くなりました。例えば資本金についてですが、改正前は1000万円が最低の金額だったのですが、現在ではこの規制がなくなり、法的には1円の資本金でも株式会社を設立することはできるようになったのです。
現在では起業するというと株式会社を設立するのが基本となってきていると言えるでしょう。株式会社を設立すると言っても、ハードルが下がったことによって一人で設立することもできるようになっています。起業するときには規模の小さい株式会社から始めるのが良いでしょう。

Copyright(c) 2014 在庫を持たずに起業するノウハウ All Rights Reserved.